トップページ > 買取について(郵送)
買取について(郵送)

幼児通信教材の買取を希望する場合、方法としては大きく分けて2つありますが、そのうち郵送での買取方法についてご紹介致しましょう。

買取サイトによっても多少買取方法が異なり、まず最初に仮査定する場合とそうでない場合があります。仮査定をする場合、電話やFAX、そしてメールといった方法があります。どの場合も持っている幼児通信教材の商品状態を確認することになります。ですから、仮査定を依頼する前に、教材をいつ購入したか、セット内容や今の状態について、欠品があるか否かなどを確認しておき、すぐに伝えられるようにしましょう。仮査定を依頼すると、数日後に仮査定額の報告があります。その査定額を確認し、本査定を依頼するか否かを決めることになります。

郵送で本査定をする場合、自分が持っている教材を発送することになりますが、ほとんどの場合は発送費用を買取サイトが負担してくれます。梱包は自分で行う必要がありますが、自宅に居ながら買取してもらえるというのは嬉しいですよね。梱包する際には商品が壊れることの無いよう、クッション材などを入れるようにしましょうね。

あとは本査定金額の連絡を待つのみです。その金額に納得できた場合は、名前や住所、電話番号、そして振り込み口座などの個人情報を連絡することになりますので、実際に振り込みを待つだけですね。万が一金額に納得できず、買取をキャンセルする場合もあるかと思いますが、そういった場合の送料は自己負担となりますので注意しましょう。

あまり時間が無く、自宅に居ながら幼児通信教材の買取を依頼したい方は、郵送という方法が良いのではないでしょうか。

関連エントリー
Copyright © 2009 幼児通信教材の買取サイト . All rights reserved